Jump to content
レジストアコミュニティ

SHUN

Members
  • コンテンツ数

    7
  • 加入日

  • 最終訪問時

  • Days Won

    2

SHUN の投稿一覧

  1. 以前、「最強のキャッシュレス決済サービスを決めよう」という記事でも言ったが、 日本は国家としてキャッシュレスを推進している。 日本のキャッシュレス決済比は約20%、各国では40~60%と言われている。 ではなぜ国家としてキャッシュレスを推進しているのか? 経済産業省のキャッシュレスの現状及び意義では以下の3つを上げている。 僕自身もキャッシュレスをお勧めするが、具体的にキャッシュレス決済の何がいいのかを紹介したい。 【消費者目線】 ①買い物の履歴が明確に把握できる  現金の場合レシートを捨ててしまえば、買い物(消費)の履歴は残らない。   しかし、キャッシュレス決済の場合は買い物の履歴はレシートを捨てたとしてもWeb上で管理されているため  なくなることはない。いちいちお小遣い手帳や家計簿を残さなくてもいいのだ。 ②ATMに並ばなくていい  現金が必要な時は当たり前だがATMに行く必要がある。給料日や大型連休の前にATMに並ぶ大人を見たことがある人が  多いと思う。キャッシュレスが進めばATMに行く必要はほとんどなくなるであろう。 ③現金に触らなくて済む  新型コロナウイルスでウイルスに敏感になっている人が多いと思うが、現金は物理的に相当不潔だ。  まさに不特定多数の人が触れている。キャッシュレスが進めば不潔な現金に触らなくて済むのはとてもいいことだと思う。 ④財布を持たなくて済む  財布には何を入れているか確認してほしい。現金のほかに免許やクレジットカード、キャッシュカード等、貴重品が多く  入っていると思う。その財布がなくなったときの代償は大きい。しかし、キャッシュレスが進むとどうなるか。  スマホひとつ、若しくはカードケースひとつで外出が可能になる。なので私はここ10年くらいで売られている財布の  形がどんどん変化していくと思う。どんどん小型化していくであろう。 ⑤お金の移動経路が明確に  例えばお小遣いや集金にしても現金の場合は手書きで受領の確認をするなどをしないと、渡したのに渡されたことを忘れたり  した際にとてもめんどくさくなる。しかし、キャッシュレス化してLINE Payなどでお小遣いを送金すれば送金等の履歴が残っている  のでそのような心配はなくなる。 【店舗側目線】 ①会計がスーパースマートになる。  現金の場合、会計時にお金を受け取り、お釣りを渡すという行為が必ず発生する。  この場合、お釣りの間違いや多くお金を貰いすぎたりする問題のほか、大変時間を要する。  キャッシュレス化すれば、お金の間違いもなくなるし、会計のスピードが格段に速くなる。  お客様を会計で並ばせる心配もいらない。 ②お店での強盗がなくなる。  比較的平和の日本であっても年に何度かコンビニに強盗がきてレジからお金を盗む事件が発生している。  しかし、キャッシュレス化した店舗であればレジにお金は置いていないので、強盗が来ることはない。  強盗が来たとしても盗むお金がないのだ。 ③消費者の購買分析  キャッシュレス決済の場合、消費者がいつどのような買い物をしたのかがお店側が分かるので、  消費者がいつ頃どのようなものを求めているのかを分析して消費者のニーズにあわせて店舗側でも  広告等をすることなどができる。 SHUN 店舗にPOSレジの導入を検討しているなら、Loyverseを導入しよう。
  2. 新型コロナウイルスの影響で世界各国で外出禁止や外出自粛が求められています。 それによって増えたのが在宅勤務(テレワーク)です。 これからテレワークを始めるにあたり、必要になるものを今日は紹介していきたいと思います。 PCは持っているという大前提で記事を書きます。 Zoom Zoomは新型コロナウイルスで在宅勤務が増えて一気に利用するユーザーが増えたWeb会議サービスです。 Zoomでは複数人でのビデオ会議はもちろん、スケジュール管理やチャットなども利用することが出来ます。 無料で利用も可能ですが、3人以上のグループ電話をする場合、40分で通話を一回切らないといけないなどの 制限があるので詳しくは以下のリンクで確認してみてください。 プランと価格 - Zoom Webカメラ Zoomでビデオ会議をするにもWebカメラがないと顔を映すことはできません。 最近のノートPCには、カメラがもともと付いていることが多いですが、 デスクトップPCにはWebカメラが付いていないことがありますので、買う必要があります。 ビデオ会議のWebカメラに高画質は必要ありませんので、以下のリンクのスペック程度で 問題ないと思います。自分が使用しているPCにWebカメラが付いていない場合は購入を検討してみてください。 サンワサプライ WEBカメラ Full HD対応500万画素 マイク内蔵 Skype対応 CMS-V40BK イヤホン+マイク PCでのビデオ会議ではイヤホンとマイクは絶対に必要です。 PCに備え付けのマイクとスピーカーでいいじゃんと思う人も多いと思いますが、 特にノートパソコンのマイクとスピーカーは位置の問題からか、ハウリングすることが多いです。 相手の声をPCのマイクが拾ってしまい、とても聞き取りにくい状況に陥ります。 なのでスマホで使用しているマイク付きのイヤホンでも構いませんので用意しましょう。 USB接続のものがオススメです。 サンワサプライ USBヘッドセット/ヘッドホン ホワイト MM-HSUSB16W 在宅勤務でのモチベーション管理 在宅勤務は会社に行かなくていいため、良いイメージを持つ方が多いと思いますが、 在宅勤務はモチベーションの管理が難しいです。 特に今は新型コロナウイルスの影響でいつまでこの状況が続くか分からないです。 在宅勤務で難しいことは、オンとオフの切り替えです。これがかなり重要です。 会社に行って普段仕事をする人は自然と会社に行くと仕事モードになれますが、 家にいて自分を会社モードに切り替えて仕事をするのは意外に難しいです。 まず自分を仕事モードに切り替えるためにはZoomでのビデオ会議がない日でも 必ず着替えて、女性ならメイクをして家で仕事するようにしましょう。 パジャマのままで仕事をするのはオススメしません。 また、自分の家にはYouTube、NETFLIX、Twitterなどの様々な誘惑がありますが、 仕事モードに入ったときは集中するように心がけましょう。 もう集中できない!ってときは時間を決めて息抜きをするもの全然アリです。 あとは、仕事する時間を決めて、だらだらやりすぎないことです。 みんなで楽しい在宅勤務を! SHUN
  3. SHUN

    店舗経営でのSNS活用法

    店舗経営でSNSでの集客はとても重要な位置付けにあります 例えば通りすがりに、良さそうなお店があった場合、すぐ入る人よりも1度Google検索して、どんなお店か調べてからお店に来る人の方が多いと思います。 今日はFacebook、Twitter、Instagramのそれぞれの活用方法等について説明したいと思います。 Facebook 今ではホームページはないが、Facebookページだけを持っている店舗も増えています。 Facebookは実名登録のSNSだからなのか、若年層より30代から50,60代のアクティブユーザーが多いです。 なので投稿する際は、若年層をターゲットにした投稿よりは中年層以上を対象とした投稿をするのが良いです。 投稿頻度は毎日でなくても構いません。店舗での出来事やイベント、新メニューなど1週間に1回は投稿しましょう。 Twitter TwitterはFacebookよりも若年層がターゲットです。 Facebookと違うところは1回の投稿は140字以内になることです。より気軽に投稿できます。 なのでFacebookより更新頻度は高めにしましょう。今日お店であった出来事や、混み具合などを投稿してみましょう。 注意点として、あまりリツイートはしないことです。Twitterを見にくるユーザーは店舗の情報が知りたいのです。 リツイートをたくさんすると店舗と関係ない情報になってしまうことがあるので注意しましょう。 Instagram Instagramは必ず写真と共に投稿するSNSです。 Twitterと同様に若年層がターゲットです。料理の写真を上手く加工したり、「インスタ映え」する様に写真を撮って投稿しましょう。 若い女性達へのInstagramの影響力は絶大です。 投稿の際のコツとしては、ハッシュタグ「#」を上手く活用しましょう。ハッシュタグ検索からその投稿を見にくるユーザーもたくさんいます。 あとは、お店に来た若いお客さんとかに「インスタにあげてね」と気軽に声をかけるのもgoodです。 お客さんがInstagramに投稿してくれるだけで、自然にお店のPRになります。 共通の注意点 SNSは投稿することが命です。 投稿しなくなってしまったら意味がありません。 少しずつでもいいので投稿を継続しましょう。 お店のSNSを見て、投稿頻度が少なく更新されていないと、「このお店やっているのかな?」とお客さんが思ってしまうかもしれません。 なのでタイムリーな投稿を心がけましょう。 SNS担当を決めよう SNSを全て経営者や店長が管理しても良いですが、忙しいので大変です。 おすすめは担当を決めることです。特にTwitterやInstagramは若いアルバイトに頼んでみましょう。 若年層がターゲットのSNSは同年代に管理してもらった方が上手くいきます。 全部自分で管理したい気持ちも分かりますが頼むことも大切です! SNSに新たな風?TikTok 番外編として、TikTokを紹介したいと思います。 TikTokはショートムービー専用のSNSです。最近だと東京都が若年層をターゲットとした コロナウイルス対策のためのムービーをTikTokで発信して話題にもなりました。 そのくらい特に中高生から20代前半の若者の中で今一番ホットなSNSです。 若者をターゲットととするならTikTokを使って簡単なショートムービーを作成して発信するのも全然アリです。 SHUN
  4. 最近キャッシュレス決済している人が増えた。 国としてもキャッシュレスを推進ているからかもしれない。 そんな中で僕は普段Apple Payを多用している。 今ではQRコード決済も主流になりつつあるが、 色々あるキャッシュレス決済システムで何が一番使いやすいのかを検証してみたので紹介したい。 検証方法 1週間キャッシュレス生活を送り3つの決済システムの中で どれが一番使いやすかったを自分のの独断と偏見で決めていきたい。 エントリーナンバー1:Apple Pay(QuickPay,iD) エントリーナンバー2:QRコード決済(PayPay,LINEPay,メルペイ) エントリーナンバー3:クレジットカード(VISA、Master) この3つが今回のキャッシュレス決済サービスの選択肢だ。 これを使いまくってメリットとデメリットを紹介する。 それぞれ使ってみた感想 〇Apple Pay(QuickPay,ID) Apple Payでは大抵、対応のクレジットカードを登録する。 なのでチャージの必要性がいない。 またクレジットカードのポイントもたまる。これはデカい。 Apple Payの使い方も簡単だ。 iPhoneの電源ボダンを2回押すとApple Payの画面が表示されるので そこでFace ID(顔認証)によるロックを解除してかざすだけだ。 非常にスピーディーに感じた。 〇QRコード決済(LINE Pay) 今流行りのQRコード決済。僕はLINE Payを試してみた。 理由はアカウントを増やしたくないからだ。 PayPayでも良いが1からアカウントを作るのがめんどくさかった。 LINE Payを使えば普段使っているLINEのアカウントから設定することが出来た。 LINE Payは基本的には銀行口座から直接チャージする仕組みなので口座の登録が必要になる。 設定自体はそんなに難しくないが、レジで一部気になったことがあった。 支払いの際、LINEを開いてLINE Payをタップして「コード決済」をさらにタップする。 そこでFace ID(顔認証)によるロックを解除してQRコードが表示される。 そしてそのQRコードを店員さんに読み取ってもらう。 これが少しではあるが時間がかかる。 もちろんショートカット等の設定すればもっと時間の短縮にはなるが、それでもApplePayのスピーディー差にはかなわないと感じた。 また、チャージも以外にめんどくさい。 オートチャージにしろって話かもしれないが、使った分だけクレジットカードから引落ちる方が気軽な気がした。 〇クレジットカード これについては説明不要だ。 クレジットカードを作ってレジの際に渡すだけだ。 しかし、いちいち財布からクレジットカードをだすのも案外めんどくさい (自分はめんどくさがり屋なのかもしれない) 今では大体の店舗でクレジットカードのサインは不要だが、サインが必要な店も存在する。 サインが必要となるとかなりのタイムロスを感じる。 検証結果 最終的な結論から言うとこのような順位になった。 1位:Apple Pay(QuickPay,ID等) 2位:クレジットカード 3位:QRコード決済(PayPay,LINEPay,メルペイ等) Apple Payが1位の理由は圧倒的スピード感だ。 支払いをスムーズにするのがキャッシュレスのメリットだと思う。 その点においてApple Payはかなり早い。 また、チャージの必要もなければ、クレジットカードポイントもたまる。 2位のクレジットカードは無難といったところ。(説明割愛) 3位のQRコード決済は店での支払い行為だけを見ると少し時間がかかる。それだけが不満だ。 しかしながら、LINE Payの場合は無料での送金や割り勘などもできるし、他の機能がとても充実している。 例えば家に届く電気代の請求書の支払いも今までコンビニへ行って支払っていたが 家からLINE Payで支払うことができる。 なので僕はLINE Payもこれからも使い続ける予定だ。 この順位はあくまで僕の個人的な順位なので、この記事は参考として 最終的には実際に自分で使ってみて自分に合ったキャッシュレス決済サービスを見つけてほしい。 キャッシュレス決済にするともう現金には戻れない。 番外編 QRコード決済の中でJcoinというものがある。 Jcoinは基本的にはLINE PayなどのQRコード決済と変わらないが、 特徴的なサービスが1つある。それは手数料なしで口座にお金を戻すことが出来ることだ。 LINE Payなどでも口座にお金を戻すことは可能だが、手数料が掛かってしまう。 口座にお金を戻すことが多いと思う人はJcoinを選択肢に入れてもいいかもしれない。 QRコード決済サービスもたくさん選択肢があるのでその比較も今後記事にしたいと思う。 SHUN
  5. 今の時代iPadがあれば様々なことができる。 今日は、店舗経営で絶対役に立つiPadアプリを4つ紹介したい。 〇Loyverse(POSレジ) 数々あるPOSレジアプリの中でもLoyverseをお勧めしたい。 誰でも直感的に操作ができるUI(ユーザーインターフェース)がLoyverseの魅力と言っていいと思う。 店舗に関わる人はITに長けた人だけではない。例えばアルバイトの高校生やパートのおばさんであっても 慣れれば簡単に操作ができる。 また、POSレジとしての機能だけではなく、売上分析、在庫管理、勤怠管理などの様々な機能があるのも 魅力の1つと言える。 〇コイニー(キャッシュレス決済) コイニーはキャッシュレス決済サービスのアプリ。 コイニーアプリとコイニーターミナル、先に紹介したLoyvese POSレジアプリを導入して それぞれ連携すれば、店舗においキャッシュレス決済が可能になる。 キャッシュレス決済で会計をスマートにしよう。 〇JapanTaxi(タクシー配車アプリ) お客様が帰られるときにタクシーを呼んでほしいと頼まれることがあると思う。 その際に毎回電話するのはスマートではない。 このアプリを使えば簡単にタクシー手配が可能になる。 〇Facebook、Twitter(SNS) 店舗の集客戦略としてSNSはうまく活用したい。 店舗でFacebookとTwitterアカウントを作成するのをお勧めする。 SNSで定期的にお店の状況を発信するのも大切だし、 営業時間、休業日などの情報発信ツールとしても活用してほしい。 SHUN
  6. 今日は、店舗経営に必要なソフトウェア、オンラインサービスを7つ紹介する。 これさえ押さえておけば問題なしだ。 1. ジョブカン(勤怠管理) 主に勤怠管理のサービス。出勤管理、シフト管理、有休の管理ができる。 2. Freee(クラウド管理ソフト) クラウド会計ソフトのシェアナンバー1の実績。 Freeeを使えば確定申告もカンタンに行うことが出来る。また、入金、支払いの管理や見積書・請求書の発行も可能にする。 3. Coiney(決済サービス) Coineyはキャッシュレス決済端末だ。Coineyターミナルを導入すれば各種クレジットカードやSuica等の交通系電子マネーでの決済が可能になる。 キャッシュレスを進める日本なので導入を検討しよう。 4. Goope(ホームページ作成、制作サービス) 店舗経営するにあたりホームページは必要不可欠だ。だけどホームページの作り方が分からない人がほとんどだと思う。 そんな時にはGoopeを使ってみよう。Goopeはホームページの作成、制作サービスだ。Goopeを使えば最短1日でホームページを作ることが出来る。 5. ラスクル(ネット印刷サービス) 店舗経営の際に忘れがちなのが名刺やお店のチラシなどだと思う。 そんな名刺やチラシをネットで簡単に印刷できるサービスがラスクルだ。ラスクルを使えば自分の好みのサイズやデザインにすることが出来る。 6. AIRリザーブ(予約管理ソフト) お店の予約管理をするソフト。電話での予約はもちろんWebでの予約にも対応している。ホームページなどのサイトに接続することも可能。 7. Loyverse(POSレジ) レジはLoyverseを導入しよう。Loyverseを導入すればレジ、在庫管理、従業員の勤怠管理等の様々な機能が可能になる。
  7. これからビジネスをやっていく上で情報弱者にならないように今日は必ずチェックすべきインフルエンサーたちを紹介する。 是非彼らのSNS等をフォローして、常に新しい情報をキャッチして欲しい。 1.ホリエモン 実業家、本名:堀江貴文 Twitter:@takapon_jp YouTubeチャンネル ホリエモンについては説明するまでもないだろう。 特にホリエモンのYOUTUBEはTVでは扱わないような内容も話しているし、最新のニュースもホリエモンの視点から分かりやすく解説してくれるので非常に為になる。 起業のススメや企業資金の集め方についても発信しているのでホリエモンのSNSは要チェックだ。 2.マコなり社長 経営者、エンジニア Twitter:@minowanowa YouTubeチャンネル エンジニアになるためのスクールを運営している。YouTubeでは自己啓発系の情報も発信している。 起業に興味があるけど何をしたらいいのか分からない。そのどのような分野で起業しようか悩んでいる人もマコなり社長のYouTubeを見れば解決するかもしれない。 ◎おすすめ動画 【徹底解説】もし今、ゼロから起業するならこの分野 3.マナブ エンジニア、ブロガー、Youtuber Twitter:@manabubannai YouTube:チャンネル ブログ(マナブログ) ブログ、SEO対策、お金の話など情報を動画、BLOG記事で発信している。 自身が起業して失敗した際の経験などもブログで発信している。 下の記事ではどのような人が起業して借金まみれになってしまうのかについて解説している。企業で失敗しないためにも読んでみよう。 ◎おすすめブログ 【体験談】起業に失敗しても、基本的に借金まみれになりません【安心】 4.イケダハヤト YOUTUBER、ブロガー Twitter:@IHayato YouTubeチャンネル ブログ 人気ブロガーだったが現在はYOUTUBERとしても活躍。自身の起業や事業の立ち上げについても発信している。 また、ネットで稼ぐ方法、副業、資産運用など多方面にわたる内容をYOUTUBEとBLOGで発信している。 ◎おすすめブログ 【これから起業・事業立ち上げをする人へ。4つのポイントを伝授します。】 5.もふ社長 投資家、経営者 Twitter:@mofmof_investor YouTubeチャンネル ブログ 不動産投資、株式投資についての知識を惜しみなく発信。起業や節税についてもこの人のブログを見れば理解できる。 下の動画では、後で紹介する迫 佑樹さんとのコラボ動画で起業で成功するコツについて対談している。 ◎おすすめ動画 【コラボ】大学生から経営者に。起業で成功するコツを伝授!迫佑樹&ちんとも 6.やまもとりゅうけん エンジニア Twitter:@ryukke YouTubeチャンネル ブログ エンジニアの目線からフリーランスで働く方法や、なるべく楽をして効率よく稼ぐ方法を発信。 月額2200円のオンラインサロン「人生逃げ切りサロン」の主催者でもある。 ◎おすすめ動画 【苦労しない起業】新規事業はどういう基準で選ぶべきか 7.迫 佑樹 エンジニア、経営者 Twitter:@yuki_99_s YouTubeチャンネル ブログ プログラミング講師でもあるため、YOUTUBEではプログラミング学習についても発信している 。最近では知識共有プラットフォーム「Brain」の開発、運営も行い、話題になっている24歳。 ◎おすすめ動画 起業・独立して1年半で私生活がどう変わったか 今日紹介したインフルエンサーたちが発信する情報を必ずチェックしていこう! SHUN
×
×
  • Create New...