Jump to content
レジストアコミュニティ

Masahi

Members
  • コンテンツ数

    10
  • 加入日

  • 最終訪問時

Community Reputation

0 Neutral

最近のプロフィール訪問者

[最近の訪問者ブロック]は無効になっており、他のユーザーには表示されていません。

  1. Masahi

    Topic A

    fidsfisudbfvsdvbsh vih fih vihv fv iwrf iwru fiw
  2. この記事では「キャッシュレス・消費者還元事業」について紹介しております。 キャッシュレス・消費者還元事業とは、 2019年10月1日以降の消費税引き上げに伴い、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する国の補助金事業です。期間は2019年10月から2020年6月までの9か月間です。くわしくはこちら(https://cashless.go.jp/)。 キャッシュレス・消費者還元事業のポイントは主に三つあります。 ①加盟店手数料の1/3を国家が負担 この事業により、加盟店手数料を3.25%以下へ引き下げること条件に、国家がその1/3を負担します(一部対象外)。 よって実質の加盟店手数料が2.16%以下になります。 *フランチャイズチェーン店の場合、加盟店手数料の補助はありません。 ②キャッシュレス決済時、消費者の負担軽減 2020年6月まではキャッシュレス決済した場合、最大5%がポイント等として消費者に還元されます。10%に消費税が増税してもキャッシュレス決済を用いればそれ以前の消費税8%の時よりも負担が減ります。 (ただし、フランチャイズチェーン店の場合は2%の還元なので、消費税が8%のときよりも安くなることはありません。) ③中小・小規模事業者の負担ゼロで端末導入 以下のページで中小・小規模事業者の対象に該当する事業者に、無償で端末が導入されます。(1/3を決済事業者、2/3を国が補助)くわしくはこちら(https://cashless.go.jp/assets/doc/gaiyou_cashless_kessai.pdf) *フランチャイズチェーン店の場合、端末の補助はありません。 ここで、Loyverseと連携してご利用いただけるキャッシュレス決済端末をご紹介いたします。 【1】Coiney Bluetoothで接続する専用端末Coineyターミナルを使った簡単なクレジットカード決済サービスです。タブレットにCoiney専用アプリをダウンロードし、アプリ間でLoyverse POSと連携します。6ブランド(※1)に対応し、初期・月額は無料(※2)、加盟店手数料も3.24%からご利用いただけます。国際セキュリティ基準PCI DSSに完全準拠しており安心してお使いいただける決済サービスのひとつです。 ※2 初期費用は指定の条件を達成した場合に限ります。 Coiney対応ブランド:Visa, Mastercard, JCB, American Express, Diners Club, Discover(業種によって異なる) 現在Loyverse POSのiOS版のみに対応しております。Android版には今後対応予定です。 ※業種別の取り扱い可能ブランドについてはCoineyサポート窓口までお問い合わせくださいませ。 0120-343-577(平日10:00〜18:00) support@coiney.com 【2】PAYGATE Station PAYGATE Station はLoyverse POSと併せて、iOSおよびAndroidタブレットで使用できます。磁気クレジットカード、接触ICクレジットカード、タッチ決済(NFC)、QRコード決済に対応したマルチ決済端末です。 ※1 電子マネー搭載機能は2019年秋頃リリース予定です。 ※2 QRコードの商標は株式会社デンソーウェーブの商標登録です。 ※3 PAYGATE Stationは2019年2月にPCI P2PEソリューションプロバイダー認定されております。 ※4 Origami搭載機能はは2019年秋頃リリース予定です。 ※5 楽天ポイント搭載機能は2019年秋頃リリース予定です。 お問い合わせ 03-6450-8103 japan@loyverse.com これらのキャッシュレス決済端末はLoyversePOSと連携しています。iOS/Android対応で、0円から始められるLoyversePOSをどうぞお試しください!
  3. ・日本の人材不足を補うカギ  日本人の人口は1950から2010年まで常に右肩上がりであったが、2015年には0.8%の人口が減少した。勝訴化を背景に、日本の総人口は減少していくことが予想されている。この中で、いかにして企業を支える人材を確保するかは、特に中小企業の間では重要な課題になるに違いない。  一方で、2018年の在留外国人の数は前年より6.6%増加して過去最高となっている。外国人労働者は、日本の人材不足という問題を解くための一つのカギだと言えよう。彼らの受け入れ方次第で、ライバル企業との差をつけることができるかもしれない。 (出典:社会実情データ図録)  そこで、本記事では、外国人労働者を受け入れるうえでの重要なポイントをお伝えしよう。   ・雇用主との意思疎通  たとえその外国人労働者に頼む仕事が単純で簡単な作業だったとしても、意思疎通をおろそかにはできない。英語でも日本語でも構わないが、、必要に応じて語学を勉強する必要がある。カフェや小売店などで接客する業務であれば、日本語はどうしても必要になるので、日本語学校に通ってもらうことをオススメする。とはいえ、企業で日本語を教えるのは負担が大きいので、地方自治体やNPO法人などの協力を借りながら、日本語を学んでもらうのがよい。 ・職業訓練  外国人労働者を、日本人労働者とは別のものとして考えてはいけない。彼らに、日本でどれくらいの期間働く意欲があるのかを見極めたうえで、能力を伸ばす職業訓練の機会も与えるべきだ。彼らにもポテンシャルがあり、また日本人とはまた違った視点を備えている彼らは、貴重な人材である。 ・仕事に対する動機づけ  想像してみてほしい。もし自分が日本以外の国で労働をしたら、周りの現地の職員にどう思われるだろうか。そうなったら「浮いて」見えることは免れないであろうし、心細いであろう。その様な状況では、些細な出来事でも、仕事に対するモチベーションが落ちてしまうかもしれない。  外国人労働者にかかわらず、すべての労働者は、雇用主に正当な評価を求めている。特に外国人労働者を評価するときは慎重に評価しなければならない。  それに、ある意味外国人労働者は「アウェー」な立場で働くことになるので、うまく日本人職員と人間関係を結べないと、活躍の場が失われてしまう場合がある。雇用主ならば、日本人に理解を促したうえで、外国人労働者にのびのび働くことができる環境を提示したいところ。 ・生活面での配慮  言語も文化も違う外国人労働者は地域社会の中では孤立しがちなるのではないだろうか。万が一彼らが、ごみの分別や騒音の問題などを起こしたら、必要以上に事が大きくなる恐れがある。その外国人労働者が、地域で悪い意味で浮いた存在になってしまったら、その悪い印象は企業にも影響する。  もし外国人労働者を受け入れる機会があれば、彼らを受け入れた企業として責任をもって、彼らに日本で生活するうえで守らなければならない最低限のルールを伝えてあげたいところだ。また、地域での相互理解を図るために、積極的に地域のイベントに参加することを促すのも良いかもしれない。 ・レジ周りの整備 LoyversePOSレジアプリは外国人労働者にも分かりやすいシンプルなデザインが特徴だ。最大38言語に対応しており、対応言語数は世界一だ。 レジを打つ際は画像が表示されるので商品を探すのも簡単だ。 外国人労働者を雇う際は、LoyversePOSを利用するのが良いだろう。
×
×
  • Create New...